1. ホーム
  2. 美白
  3. ≫美白はどうやったら得られるの?美白に必要な成分をご紹介!

美白はどうやったら得られるの?美白に必要な成分をご紹介!

時代によってメイクや美に対する主幹が変化するものですが、今の時代は肌が白ければ白いほど美しいと捉えられる傾向にあります。
テレビ出ている綺麗な女優さんやモデルさんの多くが「美白」であることが若い世代や美に対する意識の高い女性たちを刺激し、美白へのこだわりを強くしていることでしょう。

世の中には、たくさんの美白化粧品や化粧水が販売されています。
ただ、購入する側としてはどれが本当に美白効果を得られるのか?違いがわからずついつい「値段」や「メーカー名」を軸にして商品を選んでしまいがちではないですか?もしそのように美白化粧品を購入しているのであれば、ぜひ考え方を改めて美白に対して詳しくなってみてはいかがでしょうか?

そもそも美白になるためには、どのような成分が効果を発揮しているのでしょうか?
実は、お肌を美白にするためには重要なものは「保湿」と考えられているのをごぞんですか。年齢を重ねると肌の新陳代謝が落ちてしまうことから、肌がくすんで見えたりシミやそばかすが目立つようになってしまいます。いわゆる「ターンオーバー」と呼ばれる症状です。本来であれば毎日でも細胞分裂を行なっており肌再生を促してハリのある素肌を維持しています。

しかし、強い紫外線を浴びた後、お肌のスキンケアを怠っていると水分を失った肌にはたちまち乾燥肌となりボロボロになってしまいます。美肌と呼ばれている人はそもそも肌の潤いが足りていると思います。それは、美白化粧品やフェイスマスクをしてきちんと寝る前やお風呂上がりにお肌のケアをしているのです。
また、お肌のケアに関しては年を取ってからよりもできるだけ若いうちからケアをしておく方が効果は高まると言われています。それは、若い時から蓄積した肌へのダメージほどケアすることが困難なためであり、美白になりたいと思ったその日から美白化粧品や化粧水を使用することがオススメです。

では、実際に美白化粧水などに含まれているどのような成分が美白効果を促し、ハリのある若々しい肌へと導いているのでしょうか?
いくつかの成分がありますが、まずは胎盤からできている成分であるプラセンタです。プラセンタは、肌のシミやソバカスを生み出すメラニン色素を抑える働きがあることから美白美容液にもよく用いられている成分です。日本だけでなく海外でも注目を集めている成分何ですよ。

そのほかにも、油に含まれているリノール酸や、ビタミンc誘導体やアルブチンなどもメラニン色素を除去してくれたり、ニキビなどの後をケアして美しい肌へと導いてくれる効果も期待できるなど使用する目的に合わせて美白美容液を使用して頂ければと思います。

また、最後に勘違いして欲しくないことは美白美容液を使用することで肌が真っ白になるというものではないということを理解しておいてください。あくまで肌へのダメージを軽減し肌の老化を抑制し少しでも長く若々しく潤いのあるお肌を保つためのツールであるということを理解して美白美容液を使用するようにしておくと良いでしょう。また、肌や人によって効果は異なるので肌に合わないと感じた時にはその都度別のメーカー製品を使用するなど自分にあった美白美容液を見つけるようにしましょう。