1. ホーム
  2. 美白
  3. ≫美白ケアはサプリやコスメの選び方・使い方、そして食生活の見直しが肝心です。

美白ケアはサプリやコスメの選び方・使い方、そして食生活の見直しが肝心です。

美白サプリと美白コスメ

美白ケアをする時は自分に合ったコスメを選ぶ事で、より効果を発揮出来ます。
敏感肌の人は角質層が薄くて炎症を起こしやすい肌質なので、ビタミンC誘導体等が含まれた肌を守れるタイプを選びましょう。
次に乾燥肌のひとはヒアルロン酸やセラミドが濃密に入った、保湿力の高い化粧品がピッタリです。

そしてニキビの出来やすいオイリー肌の人は、皮脂の分泌を抑えられて紫外線の影響も防げるコスメを使うのが良いでしょう。
また化粧品選びに成功しても使い方を間違えてしまえば、美白は促されません。
そのため、正しく使う事が大切です。
まずは美白のために乾燥を防いで、美容液の浸透を良くして下さい。
乾燥を防げば、シミやクスミを作り出す色素も沈着しなくなります。
次に高級だからってケチケチせずに、しっかりと適量を塗りましょう。
ビーズから小銭の大きさくらいの量を塗る事で、美容液等は速く正確に浸透するでしょう。

また角質の除去も美白を促す方法になるので、角質除去効果の有る「はちみつパック」をするのもベストです。
はちみつパックは大さじ1杯の量を下から上に向けて薄く伸ばすように塗り、マッサージをしながら5分は放置して下さい。
そして5分後に、顔に付いたはちみつをきちんと洗い流しましょう。
さらに美白を目指すなら、美容品の塗り方を広肌荒れとクスミや色ムラで分けると良いでしょう。

肌荒れ対策

肌荒れを治したいのなら、コットンに染み込ませてから肌に置いて数時間から半日放置すれば赤みが引きます。
クスミや色ムラが気になるのなら、化粧水を付けた後にリンパ節に沿って優しく撫でるようにマッサージをしてみましょう。
そうすると肌の色が、段々と統一されます。
それと肌は外側からケアするのみならず、内側からコントロールする事でも白く出来ます。
それは抗酸化効果が期待出来る食べ物を、摂取する事です。
抗酸化効果が働く成分はビタミンEとビタミンCにリコピンにアスタキサンチンと、BカロチンにL-システィンにエラグ酸です。
ビタミンEが入っているのはナッツやアボガドで、ビタミンCが入っているのはナッツやパプリカです。
リコピンならトマトに、アスタキサンチンはカニやエビ等に多く含まれているでしょう。
またBカロチンはブロッコリーを、L-システィンは大豆を食べる事で摂取する事が出来ます。
エラグ酸はベリー系の果物に、沢山含まれているでしょう。
これらの食材をフルーツサラダやスムージーにすれば、忙しい日でも簡単に美白に良い栄養を取り入れられます。
スムージーやフルーツサラダは洗い物が少なく作り方も単純で見た目も美味しそうなので、美容のために食べる気にもなれるでしょう。

【まとめ】

肌に合った化粧品を正しく使用し食生活にも気を使えば、肌は白くなって行きます。
しかし1日2日ケアをしただけで、綺麗になったら苦労はしません。
短期間で目に見えた効果が出るほど美白ケアは甘く無いので、少なくとも1ヶ月以上はそのケアを継続させましょう。